ドラムの上達で悩んでる方へ

スポンサーリンク




上達のヒント

ドラムはほかの楽器と違って音を出す事は誰でも出来ますが、他の楽器よりも学問的で学ぶプロセスが多く長く感じます。

正しい学習プロセスが大事だという事を常々思います。

ダイナミクスやニュアンスの差

そのレベルに到達してない人は、違いが分からない。

間違ったスタイルでの練習をしていても、違いが分からず体の動きのポイントだけがレベルの違いだと勘違いしてしまいます。

楽器

最高のスペックの楽器を買えばよいという考え方の方もいますが、私は自分のレベルに合わせた楽器が最良という考えです。

練習の順序

もちろんですが、楽しみながら継続したい方と上達優先なのではやり方が違います。
バランスも大事ですが、ここではタイトルの上達への悩みというところでいうと、基本的ビート/ロール等のルーディメンツ→フィルに繋げる方法が最良だと思います。

序盤は金物は避け、キック+スネア中心のいわゆる【基礎練】をすべきです。

タム、シンバルは立体構造と体の動きをリンクさせる段階まできてからやるべきです。

練習環境

練習パッドは私の友達です!
初心者だけでなく、中級者~プロレベルまでずっと必要だと思います。

場所と時間を選ぶドラマーにはなくてはならないアイテムだと思います。

パッドがあると場所と時間の制約が全て解決するわけではありませんが、上達への道を切り開いて行きましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする