良い酒を飲む方法論

今日はタスクがたんまりでした。

そういう日の私の習慣はなるべく朝に、何をどうやるかを全て書き出すようにしてます。

そしてそれをどうやるかを一つずつ細分化していきます。

なんなら、「PCの電源をつける」等そこまで細分化してみてます。

タスクがたくさんあるって事で、頭が尻込みして忙しさの認知が焦りと不安と倦怠感を生んで全く集中出来なくなるからです。

細分化すると、「意外と簡単」と思えるんですよね。

今日移動中にふと考えました。

何がどうなったら「今日はやったなー!!乾杯!」ってなるか。

以下まとめてみました。

  • 発信をした
  • ドラムのコツ掴んだ
  • 勉強がんばった
  • 良いライブをした
  • 新しい事に挑戦した
  • 逃げてきた面倒な事をやった

でした。

そして、ここに人の評価は入ってない事に気づく。

要は達成感なんですね。

そして、私の達成感は他人の評価は関係ないらしい。

逆に今日は嫌なことたくさんあった!最悪!って日も考えてみたところ、逆に他人からの影響をすごく受ける事に気づいた。

今日は良い日だった!と思える達成感を得られることしたら「もっとやろう!」て思えるんですよね。

つまり、自分がこれ出来たらよい酒飲める!って思える事を1日の最優先にしたら良い人世になるって事じゃね?

って話でした。

久々クリティカルな事を考え答えを得た日でした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク