バンドの選択

少しだけどお金を音楽で頂けてる今なら、人生を犠牲にしてまでバンドやるのかって選択を迫られたら確実に「NO」って言える。

悩んでるバンドマンよ大丈夫。すべて犠牲にしてまでやるバンドなんてない。

やりたいことあったけどバンドのせいにして選んだ選択肢なんて後の人生で絶対後悔します。

それを言って理解してくれないならそれまでの関係だったってだけです。

私も恨み節を聞きながらやってたバンドありました。良い勉強でした。

裏切られたと言われた事もあります。

アートだなんだ言ったって、結局は人間性。

合わないなら辞めるのがお互いの為。

やりたくない人と一緒にやったり、音楽や人格を否定される人と一緒にやるなんて、お仕事になったら余計にあり得ない。

そういう犠牲を強いる人は、「夢」や「理想」という旗を持って来ます。

選択肢として「やらないのはあり得ない」と誘導して来ます。

バンドメンバーやお客さんに恨み節なんて一番やってはいけない事だから、心の声に素直に従えば大丈夫。

最近相談を受けたので書いてみました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク